知っておきたい内祝いにおけるマナーとは?


内祝いの予算はどの程度がベスト?

内祝いとして贈る品物の予算は、頂いたお祝いの3分の1から半額程度が基本とされています。従って、例えばお祝いとして一万円の現金又は商品券を貰った場合、3000円から5000円程度の品物を内祝いとして贈ると良いでしょう。お祝いとして現金や商品券等ではなく品物をいただいた場合も同様です。このような場合、頂いた品物の金額(金額が不明な場合は類似品の金額)を調べて、内祝いの予算を算出すると良いでしょう。

内祝いはいつまで贈るのがベスト?

内祝いは、原則としてお祝いを頂いてから1か月以内に贈ると良いとされています。これは出産祝いに対する内祝いでも同様です。たとえ赤ちゃんの世話に追われて忙しい状況であっても、内祝いを贈ることが遅れてしまうと、失礼に当たりますので注意しましょう。なお贈る方法は、手渡しの方法がベストとされていますが、遠方や忙しくて時間が取れないといった場合は、郵送でも差し支えありません。但し、郵送で贈る時は、必ずお礼状を同封して感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。

内祝いで避けるべき品物とは?

内祝いの品物として、避けるべき品物があります。まず一つ目は縁切り等を想定させる刃物類です。特に年配の方の中には気にされる方もおられるので注意しましょう。次に相手が嫌い又は食べられない食品等を贈ることも避けましょう。例えば、相手が糖尿病を患っていることを知っている時は、ジュースやお菓子等を贈ることはNGです。最後に、相手の趣味にあわない品物です。相手の趣味が分からない場合は、カタログギフトを贈ると良いでしょう。

結婚や出産に伴う内祝いでは、もらったお祝い金の半分くらいに相当する額の品物を贈るのが一般的な相場となっています。