目に優しい紫外線対策に特化したサングラスの選び方


紫外線透過率の表示をチェックしてみよう

紫外線対策に、目に優しいサングラスをこれから選ぼうと考えている人は多いのではないですか?そんな目を保護するサングラスをどう選べばいいのか、と悩んでいる人もいるかも知れません。サングラスを選ぶ基準はさまざまありますが、その中のひとつに「紫外線透過率の表示」をチェックするのがポイントです。目の天敵となるUV-Aという太陽光に含まれている紫外線の光成分を、十分にカットできるサングラスを選ぶのがベストです。0、1以下といった、紫外線の透過率の値が低いものほど紫外線の光成分をカットする機能が高いです。0、1以下の数値は、紫外線を99%以上ブロックする性能があると言われていて、サングラスとしての紫外線予防の機能を十分に果たしてくれます。

サングラスのレンズの色を選ぶときの注意点

紫外線対策にサングラスを選ぶときは、レンズの濃いものを選ぼうと考える人もいるでしょう。しかし、必ずしも色の濃いサングラスが紫外線に一番有効かというと、そうではありません。濃い色のレンズは、瞳孔が開きやすくなるため、紫外線がより多く眼内に入ってきやすいという難点もあります。ですから、サングラスのレンズの色に惑わされることなく、紫外線の透過率又は紫外線カット率の表記の数値を考慮して決めるとよいでしょう。

紫外線カットが目的ならサイズの大きなサングラスを

サングラスの上下や横の隙間から入ってくる紫外線が、裏面のガラスに反射して目に影響を与えることがあります。ですから、できるだけ紫外線の侵入を防ぐためにも、目に優しいサングラスを選びたいときは、サイズは大きめのものを選択するのがおすすめです。

サングラスには眩しさを軽減する効果があります。長時間外にいる場合に使用すれば、太陽光から目を保護することができます。また、ファッションアイテムとしても活用できるのが魅力です。