屋上緑化の問題を防ぐにはどんなことが重要か?


施工経験が豊富な造園業者に一通りの作業を依頼しよう

屋上緑化は、各企業で行われている緑化事業の中でもコストが大きくなりやすいことや、設備の設置や保守、点検などの手間が掛かるといった特徴があります。そうした中、屋上緑化を推し進めるうえで、早い時期に施工の経験が豊富な造園業者とコンタクトを取って、ニーズに合う業者を見つけることが大切です。また、業者によって得意とする作業の内容や職人の質、作業の進め方などに違いが見られるため、担当者と相談をしながら、無理なく施工を進められる方法を選ぶのがポイントです。なお、法人顧客へのアフターサポートがしっかりとしている造園業者については、様々な媒体で好意的に紹介されることもあるため、日ごろから気になる業者の情報を集めておきましょう。

同業他社の屋上緑化の施工事例や費用も参考にしよう

屋上緑化をするためには、ある程度の屋上の面積が必要となることや、建物自体の耐久性や構造などの制約があるため、本格的に取り組んでいる企業が少ない状況にあります。そこで、屋上緑化をどのような形で進めれば良いか悩んでいる場合は、他社の施工事例やかかった費用などを参考にしながらイメージを膨らませると良いでしょう。大手の造園業者の中には、法人向けのホームページやパンフレットなどに様々な企業の屋上緑化の施工事例について、写真を使って紹介しているところも珍しくありません。また、個別に施工開始から完了までにかかる費用のモデルケースを教えてくれる業者もあるため、妥協することなく依頼先を選びましょう。

屋上緑化とは、今は高層ビルが多く立ち並ぶ街に、高層ビルの屋上でお花を植えたり、野菜などを栽培して温暖化の緩和に協力していることを指しています。